住まいの風水の70%は土地で決まっている。

避けたほうが良い土地は「尾崎、宮前、谷の口」
と3つ紹介しました。

これにもう2つプラスすると
「軟弱地盤」と「工場地」となります。

f5c65a505083a9285c6f219ee4e65409_s
例えば、そばに竹やぶがあるようなところ。
水脈が低く、穴を掘ればすぐに井戸水がでるようなところです。
こういう場所は絶えず湿気ています。

10年20年たって家が傾くとか、
戸が開きにくくなったり・・・。

昔その土地は何だったのか、
近所の年配の方に聞いてみると
驚くようなこともあるでしょう。

また工場地や鉄塔がたくさんあるところも
避けたほうが良い土地になります。
電磁波や廃液の影響も考えられます。

なんだか「あれはダメ、これはダメ」と
そんなことばかり言うと、
ケチをつけてるようで
ネガティブな感じがするかもしれませんね(笑)

風水では「趨吉避凶(すうきちひきょう)」という
考え方をします。

「凶を避けることで吉に至る」
という開運方法です。

凶を避けて、凶を避けて、凶を避けていけば、
吉にたどり着く・・・と。

何が悪い土地か、
はっきり知って避けていけば
良い土地に行き当たるのですね。

わざわざ運が悪くなるようなところへは
住まない、近づかないということでもあります。

 

 

スポンサーリンク