占いとの初めての出会いは、20代の頃です。

教員養成の大学を出たのに、1年で教職を辞め、訳あって、就いた仕事はまさかの営業職。初対面の人とどう話すのか、けっこう悩みました。

教師のように、最初から位置が立っている仕事とはわけが違います。「あなた何者?」という不信の眼差しを受けるところから始まるのですから。

それで、どうやったら心を開いてもらえるんだろう?というのは、大きな課題なのです。

悩む私に先輩が教えてくれたこと、それが何と!「血液型」を使ってみたら?ということだったのです(笑)

先輩のアドバイスは次のようなものでした。

★O型の人は、とにかくほめる。素直に喜んでくれるのがO型。

★ほめても喜ばない人もいる。かえって警戒される。それがA型。A型の人には、ほめるよりも慰労するのが良い。「たいへんですね~。お疲れ様です~」と声をかけて、ホッとしてもらう。

★B型の人には希望を与える。過去は振り向かず、前向きの話をする。「大丈夫ですよ~。だんだん良くなってますね」と。

★AB型の人には、理論的、合理的に話す。

そんな感じでした。

現代の心理学の研究では、血液型は性格と関係ないという統計が出ているようです。けっこう眉唾ものなんですね。でも、20代の頃の私には、先輩のアドバイスは大きな力になりました。

人はワンパターンじゃないんだ。いろんなタイプがあるんだ。これを自覚するだけでも、人間関係がずいぶん楽になりました。

今までいろんな人と接してきて、上の血液型によるアプローチ、これは半分ぐらい当たってるかな~と感じています。半分じゃ当たるうちに入らない?(笑)

スポンサーリンク