IMG_4697

自宅から歩いて5分くらいのところに「風水神社」があります。

引っ越してきたばかりの時
「えっ?風水神社?何?」と思ったけど、
いわゆる「風水Feng-Shui」と直接の関係はなさそうです。

祀られている主神は、
志那都比売命(しなつひめのかみ)、
志那都比古命(しなつひこのかみ)、
罔象女命(みずはのめのみこと)で、
いわゆる「風の神様」「水の神様」です。

「古代人は、風は神の息から起きると考えていた。
風は稲作に欠かせないものであるが、
台風などの暴風は人に大きな被害をもたらす。
そのため、各地で暴風を鎮めるために
風の神が祀られるようになった」(Wiki)ということですね。

境内には、「風神」「雷神」が鎮座しています。

IMG_4693

私の住む久留米市は
筑後川の流れる平野の真ん中、
稲作が盛んな地方です。

稲を豊かに刈り入れるには
「風」台風から守られ
「水」水害から守られなければなりませんし、
また、ほどよく日照り、降雨もあってこその稲作です。

古代から人は、
人間の力を越えた自然の力に感謝しつつ、
災害から守られることを願いながら
稲作をやってきたんだな〜とそんなことを考えました。

スポンサーリンク