最近では「パワースポット」という言葉が
ずいぶん定着してきました。

書店に行っても
パワースポットのコーナーが
設けられていたりします。

並べてある本を見ると
本格的な地理風水の理論に基づいて
解説されている本から、
スピリチュアル的な本、
ただの観光案内みたいな
本当にパワースポット?と思うような
あやしげな本まで様々です。

でも風水などと同じように
「迷信」や「お遊び」として
とらえられることが多かったものが
人を癒し、元気を与え
前向きに生きていく力を与えてくれる、
そんな「古人の智恵」として少しずつ認知されていくこと、
目に見えない「気」「エネルギー」の存在に
人が関心を持つということは
素晴らしいことだと思います。

「パワースポット」の人気もうれしいことです。

長野県伊那市の分杭峠のように
パワースポットが
町おこしに一役買っているところも
あります。

bunkui1

分杭峠のブームは、
中国の有名な気功師(張志祥師)が
日本中を歩いて
ここが一番パワーのある場所だ
と語ったところから始まりました。

10年ほど前になりますが、
私も分杭峠を訪れたことがあります。

今のようにシャトルバスではなく、
車で直接行ける頃です。
伊那市長谷ではなく長谷村と言っていましたね。

bunkui2

bunkui3

たしかに普通とは違う、
ず~んと来る「氣」を感じました。
不思議と手のひらがビリビリとしたのを覚えています。

bunkui4

スポンサーリンク