そういえば、
風水先生と初めて会ったのは、
広島県の呉市に住んでいるときでした。

呉市に来るやいなや、
先生はこう言われたんです。

「呉駅に降り立ったとたん、
ここはまさに四神相応の地だと思ったね~。」

「(海に向かうと)
背後の山が玄武、
左手に青龍、右手に白虎、
そして前方に海と島で朱雀。」

四神相応、
風水で理想とする地形の典型です。

「ここは昔、軍港だったんでしょう?
戦艦大和もここで作ったんでしょう?
山と海に囲まれて、
天然の要塞だね~。」

そんな会話から始まったのでした。

写真は「呉鳥人」さんのブログからお借りしました。
灰ヶ峰から呉市を見下ろした図です。有数の夜景スポットでもあります。

私も度々「リアル俯瞰」をしに行ったものです。

kure2

 

 

スポンサーリンク