車で福岡から久留米に帰る途中のことです。
鳥栖市内を走っていて、左手前にブックオフの看板が見えました。

いつもは通りすぎるところですが、
なぜかその日は「ちょっと立ち寄ろう」という思いが湧いて、
ブレーキを踏んで減速、
ハンドルを左に切ってブックオフの駐車場に入りました。

「まだ仕事中なんで、誰かに見られたらまずいな」という思いも
ちょっと持ちつつ(笑)

家に帰れば2〜3日前に買った本があるので
それを先に読まなきゃと思っていましたし、
特に何か目当てがあったわけでもないし、
5分ほどブラブラして、
それで結局何もなかったなと店を出ようとする直前、
本棚の一つのタイトルが目に飛び込んできました。

まるで引き寄せれられるように手に取り、
気づいたらレジに向かっていました。

「10分間瞑想CDブック」

なぜ急に気になったのか、
自分でもよくわかりません。

スティーブ・ジョブズが禅をやっていたという話が
記憶にあったから?

Googleの社員は瞑想をしているという記事を
どこかで読んだから?

10分間+瞑想 という組み合わせで
瞑想がとてもお手軽に感じたから?

自分は門でいえば「月創門」だから
本当は瞑想なんかしたら良いんだろうな〜と
そんなことも考えていたから?

とにかく、たまたま立ち寄ったブックオフで
偶然見つけて手にしたこの本。

どうやらこの本との出会いが、
これからの自分を変えそうな予感がしてなりません。

著者のウィリアム・レーネンさんってけっこうなお年で、
すでにたくさんの本を出されていたのに
この人のことを全然知りませんでした。

元々は米国の牧師で、現在はハワイ在住の人なのに
ほとんどの本が日本人向けというのも
怪しさいっぱいで興味深い(笑)

彼のすすめる「瞑想」というのは
非常にユルくて「えっ、そんなんでいいの?」というくらいかんたんです。

「自然体」というか。

特に、こてこてのスピリチュアルな話ばかりでもありません。

瞑想というものに対して持っていた
「難しそう」「面倒」「怪しげ」というイメージが
一瞬で消えました。

それで、自分のなかのバラバラだったピースが
つながってくる予感がするのです。
9fb641c643df30c97d60491fd39b385e_s
まず、瞑想CDを聞いて気に入ったところ。

CDには、いわゆる瞑想音楽、BGMが入っていません。
ただ、ガイダンスの声だけです。

目をつぶった時に聞こえてくるすべての音、
鳥の声、風が木々を揺らす音、遠くに聞こえる車の音、
耳に入ってくるそれらすべてが、BGMだというのです。
それらがすでにシンフォニーを奏でていると。

だからあえてBGMは入れていないというのです。

CDを流していても、しばらく無音の状態が続きます(笑)

それにしても、いままでそんなふうに
自然の音を聞いたことはありませんでした。
むしろいつも何かの音楽を欲していたように思います。

それで今、かたっぱしから
ウィリアム・レーネンさんの本を取り寄せています。

Amazon、ヤフオク、メルカリ総動員で
中古の良品、それもできるだけ
瞑想ガイドのCDやDVDが付いているものを選んで。

(あ、私は大抵のものは中古で済ませるスタイルです。)

もしかすると
一過性の興味かもしれませんが、
興味の対象が、
占いから伝統風水へと移り、
そしてその次は瞑想かな〜?

これから少しづつ、実践報告もしていきますね。

色々と大変な時だからこそ、
一喜一憂しない「不動心」みたいな心を
養いたいとも思います。

 

 

スポンサーリンク