私も少しずつ風水のことを学び始めて、
風水先生に聞いたことがあります。

「呉市は四神相応というけれど、
玄武の方は正確には
「北」ではなくて「北東」で すよね。
それでも良いんですか?」と。

先生はただ無言でニコニコと
聞いておられました。

少し風水をかじった私は
四神相応とは、
北が玄武、
南が朱雀、
東が青龍、
西が白虎と
そんな思い込みをしていたのです。

京都を典型的な四神相応の例とする話を聞いたのですね。

いまになって、
私もわかるようになったのですが、
四神相応とは、
方位というよりも地形、地勢のことで、
カタチのことです。

そう考えると、全国の多くの都市が、
四神相応になっていることがわかります。

図はグーグルマップの3Dで見た呉市。
玄武の灰ヶ峰は北東方位、
でも見事な四神相応のカタチです。

kureshi1

 

 

スポンサーリンク