20年前、広島県の呉市にいた頃のことです。
風水先生が、ある営業所の風水診断をされました。

私も縁があって
伺ったことのあるオフィスでした。
広島県内で約10ヶ所あるなかで、
そこは、ほとんど最下位の成績ということでした。

風水先生がそのオフィスを見られて
真っ先にアドバイスされたのは何か?

それは「所長の机の位置」でした。

所長は窓際に、窓を背にして
座っていたのです。

風水先生は
「窓を背に」ではなく
「壁を背に」座る位置に、
机といすを移動するようにと、
アドバイスされました。

haihekimenmon
さらに背には
創業者の大きな写真を置くようにと。

それから半年後、
どうなったと思いますか?

なんとその営業所は、
県内トップの成績をおさめたのでした。

それから私の知ってい る限り、
数年はずっと好調でした。

以前、そこの所長は
悩みっぱなしだったのが、
机を移動したあと、
ぐっと営業所内の チームワークが
よくなったようでした。

恐るべき伝統風水です。

129279

伝統風水では、四神相応が理想の地形としますが、
そのなかでも一番重要なのが「玄武」です。

吉相地の条件として、背後に、
どっしりとした山があることを良しとします。

町においてもそうですし、
家も、ぽつんと一軒家ではなく、
背面に山やビル、建物があるほうが良いのです。

この机と椅子の配置、
これは「背壁面門(はいへきめんもん)」という
風水の基本原則になります。

文字通り、「壁を背にし、門に面す」ということです。

スポンサーリンク