大地の気は、山の尾根伝いに流れてきます。

その姿は龍のようにうねって流れてくるので
「龍脈」と表現されます。

たまに国内の移動で飛行機に乗る時
下を見下ろすと、
朝日に照らされる山の姿が
ほんとうに生きているように見える
そんな体験をします。

感動して思わずiPhoneのカメラで写真を撮って
乗務員から注意されたことも(笑)

山そのものが「気」のかたまりです。

造山運動で、何万年、何億年という歳月を経て
隆起沈降し、雨風にさらされて、
残った姿がいまの山のカタチなんです。

そう考えるとすごいですね。

写真は、伊豆半島と富士山です。

IMG_4600-2

 

スポンサーリンク