仕事で海岸のホテルに泊まったときのことです。

そこは万葉集にも出てくるほど
歴史のある浜です。

ウィンドサーフィンも盛んで
「福岡の湘南」とも言われたりするとか。

そこで、興味深いことがありました。

行く前にiPhoneで地図をみると
ホテルの近くに二つのコンビニがありました。

実際に行ってみると
一方はとても繁盛していました。

新しく出た食品の試食コーナーなんか設けて
店員さんがお客さんみんなに声をかけている
とてもにぎやかな店でした。

iPhoneの地図で見たもう一方の店は・・・

すでに廃業していました。

海岸沿いの道がカーブしている
外側に位置していました。

この地形は風水で「反弓路」と呼びます。

道路が弓なりになっていて、
弓の外側へ建物があるパターンです。

もし車がスピードを出しすぎて
カーブを曲がりきれず突っ込んでくるとしたら・・・、
そんな恐れのある位置になります。

もちろん、車止めのようなものは設置されていますが、
車がスピードを出して走り抜けるたびに
気が射すような感じです。

お店の繁盛具合と地形との関係、
どこまで因果関係があるのか証明できるわけではありません。
でも、わかりやすい例だなと思ってよく覚えています。

写真は、グーグルマップのストリートビューからです。

hankyuro

スポンサーリンク