立春前の今は「大寒」、
一年中で一番寒い時期です。

風邪などひいていませんか?

一番の予防は睡眠時間をたっぷり取って
免疫力を下げないことです。

寒さに負けず、
元気にがんばっていきましょう。

先回、私の母が亡くなったことを
このメルマガでお伝えしましたら
何人かの方からお見舞いの言葉や激励をいただき
ありがとうございました。

お返事できないときもありますが、
頂いたメールにはしっかり目を通しています。
本当にありがとうございます。

そういえば、
私が生まれたのは「大寒」のときで
「あなたが生まれた日は大雪だったよ。
(九州では)珍しく雪が積もっていた」と
母親からよく言われていました。

父が亡くなったときもそうでしたが、
母を亡くして改めてその存在の大きさを感じ、
いかに両親から大きな影響を受けてきたか、
それを実感します。

伝統的な四柱推命のある流派では
運命・運勢は何によって決まるかを
以下のように表現します。

四柱推命など、生年月日からわかる運命は30%。
そして、先祖から受け継ぐ血統的なものが20%。
以上が先天的なもの。

残りの50%は後天的なもので、
生まれた後、周りから受ける影響、
父母、家庭、学校など、それが40%。

あとの10%が風水などの「相」、
カタチから受ける影響。

まとめるとこうなります。

先天的要素
 30%の運命
 20%の血統的なもの

後天的要素
 40%の家庭環境
 10%の風水環境

一番大きな影響を与えるのは
何と言っても
家庭環境、育った環境というのですね。

この話は実に奥深く、
色々と考えさせられます。

運命・運勢はバランスよく、
総合的に見る必要があります。

先天的な要素として
命式に示される持って生まれた個性、
家系的、血統的な特徴も
はっきり知る。

どんな個性、才能をもって生まれたかは、
占術で傾向性がわかりますから、
参考にしない手はありません。

そして、いちばん大切なことが
家族やまわりとの人間関係を良くすること。

その上で、風水的環境も整える。

これが正しい努力ということになりますね。

節分前の一週間です。
本格的に新しい年の運気に入る前に
しっかりと「断捨離」をして
「己亥」年を迎えましょう。