昨日は久しぶりの東京出張でした。
九州から東京(新宿)への日帰りですから、
忙しいです。

でもせっかくですから
帰りに大好きなスポットに立ち寄りました。

明治神宮です。

日本の安泰、繁栄を祈る心で
訪ねました。

大木がうっそうと茂った参道を歩くと
じつに神秘的で不思議な感覚があります。

大都会の中の広大な森、静寂、祈り・・・。

日本人として、
琴線に触れる何かがあることを感じます。

「気高さ」というものでしょうか。

人間の力を超えた何か崇高なものを感じ
畏れ敬う気持ちになります。

70万平方メートルにも及ぶ豊かな森は、
全国から献木された10万本の植栽による
完全な人工林ですから驚きです。

もともとあった森ではなくて、
100年前、人々の手によって造られたのですね。

東京渋谷の中でも
最も外国人観光客に人気なのが
この明治神宮だそうです。

私は約1年ぶりの参拝でしたので、
「1年間ありがとうございました」
とお礼を伝え、
そしてもう一つ、
「どうしたらいいでしょうか?」と
尋ねました。

お願いをするのではありません。
まずお礼を伝え、そして尋ねます。

↑ これ、けっこう神社参拝の
大切なポイントです。

お礼を伝えて、それから尋ねると
「必ず」と言っていいほど
「返事」があります。

タイムラグがある場合もありますが。

「おさとし」と言ったらいいのか、
「ヒラメキ」と言ったらいいのか、
一つの短い言葉が心に湧いてくるのです。

その時は意味がよくわからなくても
覚えておくと「啓示」的です。

後でつじつまが合ってきます。

昨日のお参りの「返事」は
まだですけどね(笑)

人間の心は
私たちが思っている以上に
精緻にできています。

環境を整え、
心を落ち着かせて、
静かに心の声を聞いてみると、
それは理屈を超えて
ハッキリと正しい方向を
指し示しているものです。

2月3日、今日は節分です。
立春の明日から、
暦が「己亥(つちのとい)」年になります。

そして明後日の2月5日が
旧正月。

本格的に2019年の運気に入ります。

2019年、大きな変化の年と言われます。
動乱の年と表現する人もいます。

だからこそ・・・

そんな時代だからこそ
理念、目指す世界観、ビジョン、
そういったものを明確に打ち出して、
声を大にして叫んでいきたいと思います。

私にとってみれば、
それはやはり、ラブ&ピース。

使い古された言葉です。
でも
人間とは何か?
幸せとは何か?
人生とは何か?

本質を考えると
やっぱり「愛」です。

西郷どん流に言うと「敬天愛人」。

そこに軸を置くことで、
自分も家族も周りの人たちも
ともに幸せになれます。

特に、占い、風水は幸福の道具ですから、
軸をどこに置くかが大事です。

軸が間違っていれば、
人を不幸にする占い、
人を不幸にする風水になってしまいます。

占いや風水や宇宙の原則を
分かりやすく伝えることで、
幸せな人を増やし
幸せな家庭を増やし
そして幸せな社会にする。

True Love and Peace、
本当のラブ& ピース、
これが私のビジョンです。