3年ほど前、ある新聞に寄せられた
21歳のベトナム人留学生の投稿が、
今でも時々話題になっています。

全文を紹介します。

「私は日本に来るまで、
日本は立派で偉大な国だと思っていた。
来日当初も、
街の発展ぶりや人々の生活の豊かさを見て、
私の国のベトナムとの差は大きいと感じた。

きっと日本人は自分の国に誇りを持ち、
幸せだと感じているのだろうと思っていた。
しかし、来日から10ヵ月が過ぎた今、
実はそうではないように感じる。
日本は、世界でも
自殺率が高い国の一つだという。
電車の中では、
睡眠不足で疲れた顔をよく見る。

日本人はあまり笑っていないし、
いつも何か心配事があるような顔をしている。
日本人は勤勉で、
一生懸命働いて今の日本を建設した。

でち、会社や組織への貢献ばかり考え、
自分の成果を自分が享受することを
忘れていると思う。

ベトナムはまだ貧乏な国だが、
困難でも楽観的に暮らし、
めったに自殺を考えない。
経済的豊かさは幸福につながるとは限らない。

日本人は何のために頑張っているのか。
幸福とは何なのか。
日本人自身で答えを探した方がいいと思う。」

なかなか耳に痛い話です。

日本の様子に違和感を感じている。

良いとか悪いとかではなく、
いったん立ち止まって、
ゆっくり考えてみた方がいいのでは
ということですね。

これからの未来は
今までの延長線上にはないということが
だんだんわかってきた。

そして気づいた人から
少しずつ変わり始めている
ということではないでしょうか。

最近は、子供たちの世代に何を残すのか、
何を伝えるのか、
そんなことを
よく考えるようになりました。

私も歳をとりましたね(笑)

これからの日本を
どうしたらもっとよくできるだろうか?
自分にできることは何だろうか?
と考えれば考えるほどに、
どうしても政治的な方に
興味関心が向いてしまうこの頃です。

ブログやメルマガを読まれている方には
色んな方がおられると思って、
政治的な話はできるだけ避けてきましたが・・・。

自分一人でできることは限られています。
またかけることのできる時間にも限りがあります。

悔いのない人生を生きたいものです。