先週、
ーーーーー-----
ドラマや映画は
何かと正反対である我が夫婦の
数少ない共通の趣味でもあります(笑)
ーーーーー-----
と書きました。

いや、本当に夫婦
何かと正反対なんですよね。

趣味嗜好はあまり一致しません。

たとえば、共に
音楽好きではあるけれど
私は学生時代からロック系が好き。
たまにはライブにも行って盛り上がりたい。

妻は音大のピアノ科卒業。
クラシックコンサートで
シーンとした客席では
咳一つできないような雰囲気です。

別世界ですね(笑)

その二人がどうして・・・?
ということですよね。

私たちはお見合い結婚なんですが、
最初、会ってしばらくは
妻のことを全然理解できませんでした。

大きなヒントになったのは
「星の王子様」で有名な
サン・テグジュペリの言葉です。

「愛はお互いを見つめ合うことではなく、
ともに同じ方向を見つめることである。」

ハッとしました。

あまりにも違う二人だけど
違うところを互いに補いながら
同じ方向へ歩んで行くのならば・・・、
と考えると
まったく相手の見え方が異なるんですね。

この人だ!と心から思いました。

それからもう30年以上も経ちました。

やがて子供が生まれて・・・
成り行きのまま
流れに任せるだけで
自動的に夫婦の愛情が
持続するわけではありません。

先週も一緒に映画を観に行きました。
映画は数少ない
共通に楽しめる趣味です。

あえて、
お金をかけてでも、
わざわざ面倒なようであっても、
たまには子供に留守番させてでも、
夫婦だけでゆっくり過ごす時間が必要だと
つくづく感じます。

夫婦の仲を維持する
それは簡単ではありません。
これこそが、
「言うは易し、行うは難し」(笑)

でもそれだけに
人生の充実感や喜びをもたらしてくれるのも
夫婦以上にはないのかなと思います。

ちなみに、一緒に観に行った映画は
「ワンダフル・ジャーニー」です。

今年NHKの朝ドラを
半年間かけて見て感じたようなのと
同じ感動を、
2時間で感じました。

10年20年30年という時間軸で見ると、
人生、家族、人と人、
目に見えない何かでつながっている
ことがよくわかりますね。

元気になります。
おすすめです。

映画館の「夫婦50割」(※)というサービスも
素晴らしいですね。

(※ 夫婦どちらかが50歳以上だと
映画料金が割引になるサービスです。
免許証とかを見せればOK )